ワイズメンズクラブ国際協会/京都トゥービーワイズメンズクラブ[http://www.tobe.x0.com/

京都トゥービーワイズメンズクラブ
ホームワイズメンズクラブとはクラブ理念会則会長主題ブリテン写真集リンク書庫
写真集
【京都部CSチャリティーボーリング大会】 2005.01.16

 2005年1月16日、京都部CSチャリティーボーリング大会が開催された。
昨年の記念ボーリング大会の団体優勝クラブであり、かつ地域奉仕主査を輩出しているクラブということで、京都ToBeクラブが運営を担当する次第となったようだ。
「田中和幸」地域奉仕(CS)委員長をリーダーとし、「国松義之」・「木村務」両副会長、「山内哲」書記、「大槻政博」・「徳永栄治」・「森田博久」・「林和正」の各CS委員さらに「荒内」が加わりPTが組織された。
PTの会合は、昨年11月18日に第1回、同30日に第2回、12月25日に第3回、そして新年10日に第4回と綿密に行われた。
また、会場のしょうざんボウル担当者との打合せも10月28日、12月26日の2回現地で行っている。運営方法、予算作成、表彰および景品の選択さらにアトラクションに至るまで、何とか特徴ある大会にしようと、皆が知恵を絞り準備をすることができたと思う。特にリーダー田中和幸さんの努力は特筆に価する。
当日は、全国都道府県対抗駅伝大会と重なり、全員の集合が懸念されたが、幸いほぼ定刻に始めることができた。とはいえ、受付での登録変更、欠席者、ハンディキャップの間違い訂正、レーン変更等々、裏方の混乱は予定通り?発生してしまった。しかしこれも「河本円」メネットの協力で大事に至らずに済ますことができた。
総参加者は180名超、会場の全レーンを借り切り盛大に催された。
京都部役員・各クラブ会長による始球式で試合開始。2ゲームの合計点数で順位を決め個人戦には景品を、ラッキーフレームのストライク投球者には記念品を、団体戦の1・2・3位にはトロフィを贈った。またアトラクションは、始球式を行った皆さんに投球していただき、チャリティーをお願いした。その他、準備した募金箱にも多くの志が入れられ、当初の目標を概ね達成できたようだ。

荒内研吾


HOMEY'sMen'sClubとはクラブ理念会則会長主題ブリテン写真集リンク書庫
Club Office:京都YMCA 〒604-8083 京都市中京区三条柳馬場 TEL075(231)4388
Copyright © 2002 Kyoto ToBe Y's Men's Club. All rights Resreved.