第5期会長 古田裕和 会長標語「What's Y」
【基本方針】
 トゥービークラブもクラブチャーター以降、3年という年月が経ちました。現在、色々な人たちから「トゥービーはすごい。」という声を聞きますが、その度に、この3年間の間に個々のメンバーのパワーが集結されて、様々な事業に対して、素晴らしい結果が残せてきた、そして、京都部はもちろん西日本区の中でもトゥービークラブの存在ということが様々な場面でアピールできてきたように思います。
私は、こんなトゥービーが大好きですし、このパワーを今後もずっと持続させていきたいと思います。そのために今までとちょっと違う風を入れてみたいと考えています。
 それは、YMCAのことをもっと知ろう、ということです。我々は、クラブに入会する時行われる、入会式でYMCAに忠誠を誓ってクラブに入会してきたのですが、実際入会の時点でYMCAのことを知っている、解っているメンバーはほとんどいないのではないかと思いますし、それどころか現在においてもYMCAのことを解っているメンバーは極少数のメンバーだけではないでしょうか。こんな状態では、「YMCAに対して何かできないかな」「YMCAを通じて何か行おう」また逆に「YMCAは、何かおかしいよなー」と感じても、YMCAの中身ということを知らなければ、表面だけの貢献また、ただの批判や助言だけで終わってそこからの進歩が無いように思われるのです。だからもう一度ここで、YMCAの精神やその活動内容を一歩踏み込んで、理解できるよう努力していきたいと思います。
  そのためにYMCAの事業に積極的に関わるということを今期の第1の方針にしたいと考えています。そして前向きに関わることによって、YMCAに対する今までとは違った見解も見出す事ができるでしょうし、関わったことにより得た貴重な経験を他の事業にも今後生かせていくことができると思いますし、頭の中で考えるYMCAではなく、実際の経験の中から生れるYMCAということをメンバー個々が考えられるのではないかと思います。
このような事が、この3年間で培われてきた、素晴らしい「トゥービーらしさ」に加われば、もっと素晴らしい、凄いクラブになっていくのではと考えます。今、クラブ内におけるメンバー個々の「居場所」ということを考えてみると、それぞれが自分の居場所を自分なりに見つけ、またそれがそれぞれの個性を発揮するのにぴたっと当て嵌まっているのではないかと思われます。
 この3年間にメンバー個々が考え、行動することの中から見出したこのことは素晴らしいことであると思いますが、今期は今の居場所に安住することなく、「今までとちょっと違う居場所を見つけてみよう」とそんなことを是非考え、チャレンジしてみて下さい。このことにより、より幅のあるクラブが形成されていくのではないでしょうか。
 そして最後にクラブ運営の基本である「例会」についてですが、「Idea of TO-BE」のなかにも謳われているように例会の重要性をメンバー個々が再認識し、遅刻・欠席のないように心がけて行きたいと思います。
例会の始まりから、すでに盛り上がっている、最初から参加しないと損である、このようなプログラムが1年間続けば最高ではないでしょうか。それには、ドライバー委員会だけではなく、メンバー全員がドライバーの意識を持って例会に臨んでいただきたいと思います。
第5期[2000-2001]
第20期第21期
第11期第12期第13期第14期第15期第16期第17期第18期第19期
第1期第2期第3期第4期第5期第6期第7期第8期第9期第10期